Profile

アー写2013猪狩太志(ambitious-music)

神奈川県平塚市生まれ、宮城県仙台育ち。3才の頃からピアノを始め、中学高校時代にはパーカッションを習得。高校卒業後、音楽学校「PAN school of MUSIC」ボーカル科に入学。ボーカルをジョー・リノイエ氏、マイク・ダン氏に、作曲を ミッキー吉野氏に師事。発声法、音楽理論、 レコーディング等を習得。卒業後は仙台を中心に活動。ボーカリストとしての活動はもちろん、在仙アーティストのプロデュースや、演劇(60を超える公演に楽曲を提供)・映画・ ドラマ・ CM等の音楽制作、音楽専門学校のボーカル講師、ラジオパーソナリティ、音楽工房MOXのディレクター等、独自のスタイルで活動を続ける。また、コンサートプロデューサーとしても『MUSIC ALIVE(仙台市主催)』『HEAVENLY BLUE』というコンサートシリーズや、映像・朗読・アロマ・ガーデニングを織りまぜた『SECRET GARDEN』『LOOP』を手掛ける等、活躍の場を広げている。音楽を通じたボランティア活動に積極的に参加し、「定禅寺ストリートジャズ・フェスティバル」の実行委員を始め、「とっておきの音楽祭」「仙台ゴスペル・フェスティバル」等、市民ボランティアによる音楽祭でリーダーシップを発揮する。東日本大震災後は、石巻市立雄勝中学校にて、公立中学校としては全国初のゴスペル授業を担当。河北新報社発刊「ありがとうの詩」に「あなたがいたから」という楽曲を提供し、雄勝中学生と共にレコーディングを果たす。また、TOYOTAココロハコブプロジェクト「未来を歌に」チームに参加。宮城県南三陸町の子供たちと共に歌唱曲を創作し、町主催の追悼式にて仙台市民交響楽団の伴奏で合唱を行なった。さらに、「青いこいのぼりプロジェクト」等、様々な復興支援イベントに積極的に関わっている。2012年、在仙ボーカリストを集めたボーカルグループ「the voice of LOVE」を結成。そのパフォーマンスには定評があり、2013年5月22日1stアルバム「the voice of LOVE」をリリース。

  • 『ambitious music』主宰。
  • インディーズレーベル『Airy Opus Records』代表。
  • NPO法人オハイエプロダクツ理事。
  • 一般社団法人日本ゴスペル音楽協会諮問委員。

【SNS】

  • Twitter https://twitter.com/taishi69
  • Facebook https://www.facebook.com/taishi.igari